スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の中に

私のアルバムの中に、宮城県 南三陸町の海がありました。

hiwawa201101.jpg
                                    2008年8月 夫撮影



hiwa201102.jpg
                                    2006年8月撮影


今回の東北地方太平洋沖地震で大きな被害を受けた、南三陸町
ここは、我が家のお気に入りの温泉があり、毎年のように訪れていた場所でした。

養殖が盛んで、まるでいろんな色のビーズを散りばめたような海がお気に入りでした。

あの海が、あの町が・・・と思うと、写真を見てると涙が出ます。
きれいな海、美しい景色がもうなくなったのかと思うと、残念で仕方がありません。

美しい風景をありがとう・・・
思い出の中には、永遠にあの美しい海があります。


陽はまた昇る

出口のないトンネルはない

止まない雨はない

どんなに励ます言葉を並べても
PCやテレビが見れない、被災地の避難所で生活をされてる方
大切な肉親や家を亡くして、心に深い傷を負った被災地の人々には
今は、心に余裕がなく届かないかもしれない。

でも、日本中のみんなが一緒に心を痛め、一緒に復興に向けて
一日も早く今まで通りの、普通の生活ができるように、心を寄せ願っています。

またいつかきっと、美しい風景が戻ってくることを信じて
少しずつ、少しずつ・・・前を向いて歩いて行きましょう~。



PS 被災した宮城県石巻市に単身赴任していた夫の高校時代の親友ですが
  昨日、無事を知らせるメールがありました。
  会社は壊滅状態、車は流され、従業員150人の安否がまだわからないけれど
  どうにか無事で、新潟に抜けて、横浜に戻る途中からのメールでした。
  まずは無事で良かった・・・本当に良かった・・・
  夫は、泣いていました。

  ずっと気になっていた、お気に入りの温泉の記事を見つけました。
  その記事
  
  おかみさん、すごい!
  涙です。。。



コメント

◇◆マリイさん◆◇

コメントありがとうございます。
お優しいお気遣いのお言葉に感謝いたします。
ガソリン不足がなかなか解消しないので、いつまで続くんだろう~?って不安になります。
並んでガソリンを入れられたとしても10ℓ、まだ満タンは入れることが出来ないようです。
被災地の方々も移動手段などに困っているようなので、まずはそちらを優先してほしいし
でも、あの車の長い列を見ると、ちょっと焦ります。。。

2008年の三陸の朝日の写真、以前載せたことがあるのを覚えててくださって嬉しいです~。
この海がなくなってしまったなんて、現実に起こったこととは思いたくないですね。

被災地の方々が少しずつ動き出し、子供達の笑顔にはこちらが勇気づけられますね。
まだ安否がわからない方もたくさんいる事実、本当につらい現実です。
でも、先日のおばあさんと高校生のお孫さんの9日ぶりの生存のニュースには
希望を捨てちゃいけないということを教わりましたね。
温かいお言葉をありがとうございます

2011/03/24 (Thu) 00:07 | miyu。 #- | URL | 編集

◆◇マミーさん◇◆

コメントありがとうございます。
本当に三陸の海は、海の幸も豊富で海もきれいで
我が家のお気に入りの場所でした。
本当にこの写真は、今では宝物ですね~。
また素晴らしい海岸線を見せてくれるまでには、時間がかかると思いますが
復興を心から願っています。

夫の友人が無事だったことを知り、本当にホッとしました。
温泉のおかみさん、自分も被災者なのに人のことを先に考えられて、本当に尊敬ですよね。
見習いたくても私ならとてもできないことだろうな~と思いました。
避難所では、中学生や高校生がボランティアで自分たちが出来ることを探して行動する姿
そして笑顔を見て、未来を担う子供達の前向きな姿に大人のほうが勇気づけられますね。
温かいお言葉をありがとうございます。

2011/03/24 (Thu) 00:06 | miyu。 #- | URL | 編集

miyu。さん。
こんにちは。困ったことはありませんか??

私、こに2008年撮影の南三陸のお写真を当時見せてもらったと思います。
ウットリするほど美しい海ですよね。

この穏やかな美しい風景がなくなってしまったなんて今でも信じられません。

でもmiyu。さんやご家族の方の心の中の風景は一生消えませんよね。

ご主人のお友達、無事で本当にヨカッタですね!!
まだまだ連絡がとれていない方々がたくさんいます。
希望を捨てないで欲しいです。


2011/03/23 (Wed) 16:22 | マリイ #- | URL | 編集

miyuさん、おはようございます。
綺麗な風景を拝見して改めてこんな景色が見られない
のかと思うと辛くなりますね。
ご主人の友達の安否が確認されてなによりです。
前の記事を読んで私も大丈夫かなぁと思っていました。
良かったですね、元気でいてくれることがわかった
ことが何よりです、そして旅館のおかみさんの
記事も読ませていただきました。
なんて前向きなんでしょう、その姿勢に見習うことが
たくさんですね。
ご自分も被害にあわれているのに・・・・
このような人がいるかぎり必ず復興してまた美しい
海岸線の景色が戻ってくると信じたいです。
miyuさんにとってこのお写真は宝ものですね。

2011/03/23 (Wed) 08:38 | マミー #gPc7RRtY | URL | 編集

◆◇jurimamaさん◇◆

コメントありがとうございます。
いえいえ、東京もまだ余震が続いてるようですし
計画停電の時の電車などの混雑で、心身のお疲れはないでしょうか。

私も小心者で、少しの揺れや、緊急地震速報の音にいまだに身構えしてしまう始末です。
でも、jurimamaさんの仰るように、いつまでもビクビクしてても始まらないので
一日も早い復興と、被災された人々の心に平穏が戻ることを祈りながら
少しずつ気持ちを切り替えて、明るいことを考えて過ごすようにしないと・・ですね。
温かいお言葉をありがとうございます。

2011/03/22 (Tue) 23:58 | miyu。 #- | URL | 編集

◇◆まりっぺさん◆◇

コメントありがとうございます。
こちらは普段通りの生活ができてる方だと思いますが
今不便だと思うのは、ガソリン不足ですね~。
こちらの足は車なので、何時間もガソリンスタンドに並ぶ長蛇の車の列を見ると
ドドド~ッと疲れてしまいます。
でも、これも今月中には解消されるだろうとのことですから
あともう少しの辛抱です。

スーパーの品薄も、被災地へ救援物資として送られてるのであれば
欲しいものがなくても我慢できます。
被災地では、子供たちが笑顔で自分ができることを少しずつ探して実践してる姿に
勇気をもらいますね。
本当に少しずつですが、復興に向けて社会や人々が共に支え合い
動き出してるのが感じられます。
三陸の海も、いつかまたこのように穏やかで美しい姿に
戻って欲しいと願わずにはいられません。
いつも温かいお心を届けて下さって、ありがとうございます。

2011/03/22 (Tue) 23:06 | miyu。 #- | URL | 編集

miyuさん、こんにちは
先日は温かいメッセージを本当にありがとうございました!
とても嬉しく、胸が熱くなりました
今日のステキな海のお写真を拝見して
またまた涙・・・
1日も早い復興を願わずにはいられません

今日も余震がかなりありますが
いつまでもビクビクしてても何も生まれないので
気持ちを切り替えて明るく過ごして行くしかないですよね^^

2011/03/22 (Tue) 17:51 | jurimama #jVvQXXuw | URL | 編集
三陸の海

miyu。さん、おはようございます♪
その後お変わりありませんか?
ご不便を感じておられませんか?

私はこちら方面に訪れたことがないのですが
お写真を見せて頂いて、こんなに美しく
穏やかな海だったのだと改めて感じています。
それゆえに、今の状態がとても辛く悲しいものに思えてなりません。

今もなお続く余震、被災者の方々のご不便や
ご不安なお気持ちをお察しすると、
胸が詰まる思いがします。
どうか1日も早く人々の心が癒され
街の復興が滞りなく行われますように
そして、わたしたちができることを
粛々と行い、少しずつ前進していけますようにと
心から願っています。

2011/03/22 (Tue) 07:38 | まりっぺ #- | URL | 編集

◇◆うみさん◆◇

コメントありがとうございます。
本当に、被害の大きさをTVで見るたびに、無事であったことが奇跡のように思えてきます。

同じ東北のしかも隣接する県の海の町が、突然あんな光景になってしまったのかと思うと
本当に胸が痛みますね。
時間はかかると思いますが、いつかきっと復興を成し遂げてまた美しい海を取り戻せると信じたいです。

あの状況で、冷静にかつ迅速にお客様を避難させ
さらにお客様や避難住民を第一に考えて、あるだけの食材を使って食事を食べさせる・・
本当におかみさんの判断力と行動力、思いやりに頭が下がりますね。
本当にね、一日も早く落ち着いた生活と心の平穏、笑顔が戻ってくるようにと
願わずにはい得られません。
温かいお言葉をありがとうございます。

2011/03/22 (Tue) 00:04 | miyu。 #- | URL | 編集

◆◇マドンナさん◇◆

コメントありがとうございます。
三陸は、魚も美味しいし海岸線をドライブ出来て
美しい海、美しい砂浜、美しい景色がありました。
私のアルバムの中には、他にも三陸の海が残っています。
何年かかかると思いますが、また美しい海が、町が戻ってくると信じたいですね。

夫は、親友が同じ東北に来てくれたことを喜んでいて
休日には気仙沼サンマ祭りに一緒に出かけたり、土日は暇なので遊びましょう
みたいな約束をしていたので、安否がわからないときは本当に心配していました。
九死に一生を得た友人と、いつか落ち着いたら
積もる話をしたいことでしょう。

おかみさん、本当に強い人ですよね~。
我先に避難したい気持ちを抑えて、お客様のために従業員を動かし
自らもお客様や避難住民に温かいおもてなしや言葉をかけることができるなんて
本当に頭が下がりますね。

避難住民だけでなく、避難所に物資を運ぼうとしてくれる人
お医者様や警察や消防の人たちなどなど
目に見えないところでいろんな人が、不眠不休でがんばっている。
それを思うと、少しくらい不自由な生活でも、出来ることをしてがんばろうと思います。
遠くからいつも温かいお言葉をありがとうございます。

2011/03/21 (Mon) 23:50 | miyu。 #- | URL | 編集

◇◆ばななんさん◆◇

コメントありがとうございます。
あの被害の大きさを見たら、生きていてもメールに返信する余裕はなかったのでしょうね。
友人からのメールに、夫はホッと胸をなでおろして涙してました。

私は観光でしか訪れたことがありませんが、この海で生活をして
海とともに生きた地元の方々の深い悲しみを思うと言葉がありませんが
本当に、年月時間がかかると思いますが、復興を成し遂げてほしいです。。。

おかみさんの行動力、判断力、そして、おかみさんだって被災者なのに
自分のことよりもお客様のことを思う職業意識の強さというのかな
本当に素晴らしくて尊敬ですよね~。
温かいお言葉をありがとうございます。

2011/03/21 (Mon) 23:29 | miyu。 #- | URL | 編集

◆◇こうじさん◇◆

コメントありがとうございます。
夫の友人は、本当に奇跡的に助かったようですが
安否不明の職場の人たちのことを思えば、複雑でもあるでしょうね。

この写真の南三陸だけでなく、壊滅的な被害を受けた陸前高田市の海の写真もありましたが
いい景色だったなぁ~と胸が締め付けられそうになりますが
本当に、こうじさんが仰るように軽々しくは言えないことかもしれませんが
年月がかかるかもしれないけれど、いつの日か・・・
復興を成し遂げて、このような穏やかな海が見れるようになってほしいと
強く強く願わずには居られません。

こんな大災害が起きたにもかかわらず、冷静にしかもお客様のことを第一に考えて
自ら迅速に行動できるなんて、本当にすごいな~と感動でした。
こちらも物資やガソリン不足は続いていますが、そんな不便な生活の中でも
節電、そして物資の買い占めを止める、できるだけ必要以外の車での外出は避けるとか
小さいことかもしれないけれど、みんなが復興に向けて心を寄せあえば
いつかきっと世の中もよくなる・・と信じたいですね。
温かいお言葉をありがとうございます。

2011/03/21 (Mon) 23:14 | miyu。 #- | URL | 編集
無事(^^)

旦那様のご友人様、無事で良かったですね。被害がひどかった分、ご心配も大きかったと思いますが、これで一安心ですね。

あんな穏やかな南三陸町の海が、あんな風景になってしまうなんて…。心が痛みます。…ただただ、復興の日を願うばかりです。
それから、女将さんの記事読ませて頂きました。素晴らしいお話で涙がとまりませんでした。女将さんも素晴らしいし、従業員の方々も素晴らしいし、何より双方の信頼関係があっての行動に感動しました。あの状況でお客様の事を第1に考えられるなんて、ホントに頭が下がります。

1日でも早くみんなが笑顔になれる様に一緒に頑張りましょう。

2011/03/21 (Mon) 23:10 | うみ #- | URL | 編集
南三陸の海

本当に美しい海ですね。
この海が・・・と思うだけで、胸がいっぱいになります。
本当に思い出の1枚となりましたね。

でも何年か先には、きっともう一度
同じ写真が撮れますよ。
必ず復興して、この美しい海が戻ってきます。
私たちは、そう信じましょう。

ご主人さまのお友達、ご無事でよかった。
本当によかった。
ご主人さまが、男泣きされる気持ちわかります。

そしておかみさんの記事には、勇気づけられます。
なんて強い人なのでしょう。

こんな時は、我先に・・・と思う人が多い中
お客さまや、避難難民の方のお世話をして
自分のことより人のことを思いやれる心を持って
本当に頭が下がります。

こんなにもがんばっている人がいる。
私も私にできることで、応援します。
この美しい海が、再び南三陸町に戻る日まで
どうか、どうか、がんばってください。

2011/03/21 (Mon) 14:11 | マドンナ #DWgh5vZM | URL | 編集

ご主人のお友だち、ご無事が分かって本当によかった!!

南三陸町の海のお写真も見せていただいて、
ありがとうございます~~~。
こんな美しい海が・・・と思うと言葉になりませんが、
時間がかかっても、きっときっとまた戻ることを信じたいです。

おかみさんの記事、読みました。
涙がこみ上げて来ます。
逞しくて、素晴らしいおかみさんですね。
本当に尊敬です。

2011/03/21 (Mon) 09:49 | ばななん #NwJN3xY6 | URL | 編集

だんなさまのご友人のご無事、本当にお喜び申し上げます。よかった。。

今回の一連のニュース報道を目の当たりにした後、このお写真を食い入るように、どこかぼう然としたような気持ちで、拝見しておりました。

ただ、今の時点で軽々しく口に出していいような言葉ではないのかもしれませんが、それでも、いつの日か、いつの日か、いつの日か復興を成し遂げて、このような景色がふたたび見られるようになってほしい。やはり、そう強く願い、祈るような気持ちを禁じえることはできません。

おかみさんの記事、確かに拝読しました。
なんといえばいいのか言葉が見つけられません。すごい方だあ。と尊敬の念がこみ上げてきます。

…でも、今書きながらふと思いついたんでけど、このようなおかみさんのような方を初めとして、われわれ東北地方以外の人間もやれるだけのことをやって、日本中で力を合わせれば、やはり復興は夢ではないと思えてきます。。
募金、節電、物資の買い占めをやめる。今自分にできることを目いっぱいして、みんなの力を合わせて、心寄せ合えば、いつか日本全体で復興する。
そんな気がしていまして、強くお祈りを申し上げたいです。

2011/03/21 (Mon) 04:49 | こうじ #P8Kib52A | URL | 編集

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。