スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山寺へ

201603yad01.jpg

山寺へ行ってきました。

静けさや 岩にしみ入る 蝉の音





201603yad02.jpg

松尾芭蕉さんに会って来ました~

弟子と一緒に、休憩されています




201603yad03.jpg

やさしいお顔ですね





201603yad04.jpg

国の重要文化財に指定されている根本中堂





201603yad05.jpg

からだをなでて、願い事をお祈りさせていただきました


小学生の頃、父母に連れられてここへ来てるのですが、あんまり記憶になくて

ただ、流しそうめんおの店で、流しそうめんを初めて食べて

面白かったのだけは覚えています~(*^▽^*)ゞ



コメント

No title

v-254Meet Youさん

こんばんは♪
お返事が遅くなってごめんなさいm(__)m

なるほどー、松尾芭蕉は忍者の里の伊賀の出身なんですね!
そうそう、なぜその時代に各地を旅ができたのだろうという疑問を
感じていました。
歩いてかなりの移動距離ですし、食事、宿泊場所など謎ですし
お金もかかったでしょうから、庶民では厳しかったのでは?と。
芭蕉が50歳で亡くなったことも知りませんでした!
弟子と旅行記が違うのも不思議ですね。
謎がある方だったのですね~。
いろいろと教えてくださって、ありがとうございます(❀ฺ´∀‘❀ฺ)ノ

2016/03/22 (Tue) 22:58 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

あら、忍者説ご存じない?
えっと、まず松尾芭蕉は忍者の里の伊賀の出身なんですね。
で、いくつかあるんですけど、奥の細道関係でいうと
奥の細道ってのは江戸から東北、北陸を巡ぐる旅なんですね。
ここに色々謎がありまして
まず、この時代旅行というのは庶民が行えるようなものではなかったんです。
なぜ旅行できたのかという謎です。
関所を通る通行手形をなぜ持っていたのか、旅行の資金はどこから出たのか。
次に移動速度。
奥の細道の日程では毎日移動したとしても1日15km、この時代ではすごいことです。
もちろん毎日移動していないので、1日に50km以上歩いた日があります。
奥の細道に出たのが芭蕉46歳の時です。
人生50年といわれた時代で、この年齢でこの移動速度はおかしいのです。ちなみに芭蕉は50歳で死んでます。
あとは訪れた場所や弟子の門人曾良と一緒にいないことが多いこと、門人曾良の旅行記と異なる点が多いことで、隠密行動だったんではと言われてます。
長くなりました、すみません。

2016/03/20 (Sun) 07:02 | Meet You #IoOkvve6 | URL | 編集
No title

v-254Meet Youさん

こんばんは♪

わぁ、Meet Youさん、松尾芭蕉の生家を見に行かれたことがあるのですね!
しかも、松尾芭蕉の忍者説?
どうして忍者なんでしょう?
奥の細道の句を詠まれた場所を巡ってみるのも
楽しいものですね^^

流しそうめん、うえのほうから流れてきて
箸でつかんだり、つかみ損ねたりが楽しくて(笑)
夏には流しそうめん、涼しげでいいですよね~(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016/03/19 (Sat) 23:47 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

こんにちは
おお~奥の細道ですね!
私、松尾芭蕉の忍者説が好きでして、わりと信じてます。
で、松尾芭蕉の生家を見に行ったほどです(笑)

流しそうめん!
私したことないですね。いいな~楽しそう!
それは思い出に残りますよね。

2016/03/19 (Sat) 19:08 | Meet You #QjtTlS4. | URL | 編集
No title

v-254k-24さん

こんばんは♪

芭蕉さんが登られたときの夏は、かなりの暑さだったのでしょうね。
ただでさえ、セミの音は暑苦しく感じるのに
固い岩にしみいるくらい蝉の声がひびきわたっていたのかな~って
想像してみたり^^
800段もの階段を登るのは、この歳になると容易ではないですね(^^;
福々しい布袋様をなでさせていただいて
心も落ち着いた気がします。
たまにはこういうところを巡るのもいいものですね^^
布袋様、k-24さんにもご利益がありますように~(*˘︶˘*).。.:*♡
嬉しいコメント、どうもありがとうございます♪

2016/03/17 (Thu) 00:38 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

v-254umiさん

こんばんは♪

わーい^^
umiさん、山寺へ行かれたことがあったのですね!
懐かしんでいただいて、嬉しいです(≧∇≦)♪
芭蕉とお弟子さんの石像は、布袋様が置いてある根本中堂から
登る方へ歩いていくと、ありました~。
暑い中登って、少し休憩した時にでも浮かんだ句なのでしょうかね。
情景が思い浮かぶ様な句で、私も好きな句の一つなんです。
umiさんも大好きな句の一つだということで、嬉しいです^^
温かいコメント、どうもありがとうございます(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016/03/17 (Thu) 00:25 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

v-254さくらさん

こんばんは♪

松尾芭蕉さんが歩かれた奥の細道、山寺にも立ち寄られたのですね。
私も小学生の頃行ったみたいなんですが、記憶になくて
だから今回行くことができて嬉しかったです^^
さくらさんも、いつか山寺に行くことができたらいいな~って
思います♪
モノクロの芭蕉さんに嬉しいコメント
どうもありがとうございます。
弟子と並ぶ姿も心惹かれて、モノクロにしてみました~(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016/03/17 (Thu) 00:17 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

v-254mocoさん

こんばんは♪

松尾芭蕉が作句した場所は、各地にあるのでしょうね。
松尾芭蕉さんの銅像も、どれくらいあるのかな?なんて思いました^^
私もね、句や歴史のことは全く無知なんです(^^;
そうそう、山寺の和尚さんが・・・っていう歌、私も頭の中を流れましたよ~(笑)
芭蕉さんが見た景色の中に、ゆっくり身を置いてみるのも
いいものですね~
こちらこそ~、いつも優しくて嬉しいコメント
どうもありがとうございます(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016/03/17 (Thu) 00:10 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

v-254FREUDEさん

こんばんは♪

句によれば、芭蕉さんも夏の暑い時期に登られたのでしょうね。
FREUDEさんも夏に交換レンズも含め重いカメラを持って
登られたのですね!
夏は、私は無理ですね(笑)
FREUDEさんが、もうあんな高いところへ登るもんかって
思われるお気持ち、分かりますよぉ~^^
今度は、春とか秋とか、気候のいい時に
おいでになってくださいね(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016/03/17 (Thu) 00:00 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

v-254恵さん

こんばんは♪

山寺、この季節でも観光客がいっぱいでしたが
松尾芭蕉さんの姿を見てると、なんだか癒されました。
句を書きながら旅をするなんて、風流で素敵なことですよね~。
そうそう、体調が悪い時、私も湯治したいって思うんです^^
1週間くらい、温泉でのんび~りできたら体調良くなりそうですよね^^

布袋様、恵さんのご自宅にあるなんて、ご利益がありそうですね。
よくわからず、何か所かなでてしまいました(*^▽^*)ゞ
流しそうめんって、楽しそうですよね♪
機会があればまたやってみたいです(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

2016/03/16 (Wed) 23:53 | miyu。 #- | URL | 編集
No title

こんばんは^^
芭蕉さんは、ここで、あの有名な句を詠まれたのですね~
静かな山の中のお寺、
ここにお参りすると、心が落ち着きそうです。
福々しい、布袋様、
私も画面の上から、失礼します^^

2016/03/16 (Wed) 22:14 | k-24 #LkZag.iM | URL | 編集
No title

今晩は^^
山寺~ここ、行きました♪
懐かしいです
でも、芭蕉の歌を記したものはあったと思うけど、
芭蕉とお弟子さんの石像?を見た記憶が無くて^^;
忘れただけなのか、ずいぶん前の話だから、無かったのか不明です(笑)
この俳句、大好きな俳句の一つです^^

2016/03/16 (Wed) 22:05 | umi #- | URL | 編集
No title

松尾芭蕉さんも山寺にいかれてたんですね^^
私はずっと憧れてきましたが
いまだ行ったことはないんです。
モノクロの松尾芭蕉さん。
すっごく素敵だなぁ。

2016/03/16 (Wed) 13:15 | さくら #zp.b0tIQ | URL | 編集
No title

miyu。さん こんにちは♪

静けさや・・って松尾芭蕉の句なんですねー。
お勉強嫌いだったので今お勉強させてもらいました*^ ^*
私なんか山寺の言葉に
山寺の和尚さんが・・の曲を思い出しちゃうなんて(笑)
静かな時間が流れる素敵なお写真に
心も静かになれた気がします*^ ^*
時にはこういうのも必要なのかなー^^
素敵なお写真をありがとう♪

2016/03/16 (Wed) 11:39 | moco #ZL0pXV7k | URL | 編集
No title

さすが伊賀忍者、芭蕉はこの山寺もすいすいと登ったことでしょう
私が山寺へ上ったのは7年ほど前の8月でした

いくつも交換レンズを入れているカメラバッグが肩に食い込み
汗びっしょりの私を老人たちが心配してくださる状態でした

もう、あんな高い所なんて登るもんかっ! A^^);

2016/03/16 (Wed) 08:35 | FREUDE #6AWUBD.o | URL | 編集
おはようございます♪

お写真を拝見してると、ゆったりとした時が
静かに流れているようで癒されますねぇ~!
体調が悪い時に『湯治にでも行きたいな』
なんて思っていたもんでした (^^)
布袋様、物心ついた頃に何故か我が家に
置いてあるのを思い出しました♪
昔岩手の叔母の家から頂いたらしいのですが
どうやって持って来たの? と謎ですが(笑)
今では形見のようになってしまいました (^^ゞ
そうそう、私流しそうめんの経験が無くて
一度は経験してみたかったです♪

2016/03/16 (Wed) 06:43 | 恵 #pJat9JqM | URL | 編集

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。